ONAIR

2018/1/26放送

【ピアノ寺子屋ステーション】渡里拓也(コンポーザーピアニスト)

毎月第4週に登場するコンポーザーピアニストの渡里拓也さんのコーナー【ピアノ寺子屋ステーション】
初登場と言うことでコーナーを拡大し、自己紹介をしていただきました。渡里さんは月刊奈良の記者・編集、また関西音楽新聞の記者もされています。神戸大学卒業後、京都市立芸術大学ピアノ科大学院修士課程を修了。作曲・編曲は10代からされているとのこと。語学も堪能でマルチな才能の持ち主。

【クローズアップコンサート】

今月のクローズアップコンサートは、2月18日(日)ザ・シンフォニーホールで行われる「続・必聴‼ベートーヴェン3大ソナター関本昌平ピアノリサイタルー」。関本さんと言えばショパンのイメージが強いが、今回は昨年のベートーヴェン3大ソナタ演奏会の続編として、ベートーヴェンの中期3大ソナタ、ピアノソナタ第13番「田園」、ピアノソナタ第17番「テンペスト」、ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」を演奏する。ベートーヴェンの中期のピアノソナタ3曲は、ちょうどベートーヴェンが耳が聞こえないのが悪化した時期で、テンペストを作曲した1802年には有名なハイリゲンシュタットの遺言を書いている。この中期3大ソナタは、ベートーヴェンが苦悩を乗り越えて新しい芸術の境地に向かう時期でもあり、作品にもそれが反映されている。関本さんの「続・必聴!ベートーヴェン3大ソナタ―関本昌平ピアノリサイタル―」は2月18日(日)ザ・シンフォニーホールで14時開演。